Cュタツヤ

Cu Tatsuya Official weblog

  

BLOG

  
Recently
Archive
Category
多人数と創作作品

2013/07/07に行われたバリアフリーの記録

<テーマ>おもちゃ箱

<目的>
蒸し蒸しする夏を、スカッと解決

<テンプレート>
一枚の絵、叫びから全員動く、ソロで自己紹介、一列で解決に向かう、振り付け(個人、相手、観客へと広がる)

<発見>
・振り付けに展開と盛り上げがある。一つとして外に開かれていくこと。
・誰でもリーダーとなれる。声で皆を引き連れる、展開をうむ、動作を創る。

<反省>
作品としては、ストーリーに論理と心理がなく駄作。
始めの全員で踊るのは理由を決めてはいけない。役を演じてもらう方向にいかせる。
テーマとテンプレートを向上させたい。そのためにはテンプレートの意義を確認したい。


2013.07.08(Mon) - 創作に関して | Comment(1) TB(0)


即興ソロパフォーマンス20130707

<意識>
アフタービート、空間で遊ぶ、内への集中とコミュニケーション

<イメージ>
体内のオレンジのタンク【生命力】
外側は生命力が冷めている

<想い>
生命が弱まっている、太陽だ

<内容>
タンクは舞台中央(自分の生命力)
「ドックン、ドックン、ここは生命研究所」(鼓動の振付)
タンク弱まっていく
「○○くん、弱まってるじゃないか、冷たくなっているぞ。」(固まっていく動き)
「太陽だ。○○くん太陽が生命の源だよ」(鼓動の振付)
「みなぎって踊りたくなって来たよ」(喜びの舞)
「ありがとう○○くん」(背中押す)
「世界へ広げよう」(外に出す舞)
「アメリカ、ロシア、ちゅうごく、ヨーロッパ」


2013.07.08(Mon) - 創作に関して | Comment(2) TB(0)


タツヤ即興ソロ20130701

<テーマ>ゴキブリ

<感想からの反省>
安倍総理が登場するが、そちらに話がよってしまい、他人事のようになってしまった。総理登場から自分が巻き込む側に立ち(ねぇ総理、私も人間にはのような感じ)、別れて自分が当たり前のように叩かれると見せた方が良かったのではないだろうか。
酒を飲みながらひっそり生きたいというのは良いと思った。

<テクニック>
シーンを空間に置き換え、動きにもそれぞれ特徴を持たせた。この事で、お客さんに動きをインプットする余裕ができる。


2013.07.02(Tue) - 創作に関して | Comment(5) TB(0)