Cュタツヤ

Cu Tatsuya Official weblog

  

BLOG

  
Recently
Archive
Category
ダブケンlesson

始動!!

いろいろとスタートの季節です。

新社会人の方々も街中に繰り出し、小学生も中学生になり、
新しい出会いがあり、土地に触れる。


*毒素が抜けたと。
僕も少し振動し始めています。
すると、より大きな振動を受け取ります。

この感想は素直にうれしかった。
今まで怠ってきたのだと。
もっとクリアにしていく。

これが世界的に起これば、この毒素たちはどこへ行き、
残された人間たちが関わることで世界はどう変わるのだろう。
英語の必要性を感じる。

「NOISY JELLY」ゼリーを触って音を奏でる新しい楽器です。


2012.04.16(Mon) - art+design+dance | Comment(0) TB(0)


さて。

環境が整いつつある。
上京してマル2年が経つ

多くの人を感じ、感謝。

さて、どこへでも行けます。

後は、己の力量しだい。



オランダ・アムステルダムの売春婦達がダブステップで踊る
性的な摂取や臓器売買、労働力確保、見世物(サーカスなど)に関する人身売買をヤメロ!
という運動のプロモーションとして行なわれたパフォーマンス
Girls going wild in Amsterdam red light district - Stop The Traffik !



2012.04.12(Thu) - art+design+dance | Comment(0) TB(0)


事象、ビジュアル化、質感

想いがカタチになる。か、


これがないと僕には制作出来ない。
気持ち悪くなるのです。

アイデアがどこから出てくるのか、
その想いがビジュアルとなり構成する。
その中のアイデア。

先、ビジュアル化という考え方も古くなるか。
雰囲気、身体で感じること。
前の産経新聞のエンヴァイロメントよ。
アート記事があったが、もうすでに。
するとどこまでビジュアル、またそうでない。


想いのアイデアをエンヴァイロメントとして創作する。

福島県いわき市においてのデュオ作品
「∀λ∀⊥」

ただ、この創作法によらない。
ビジュアル化という点では一致。

ところで、このビジュアルが僕の経験から
くると僕の活動は一挙に縮まる。
それは違うと思いながらも、思いとアイデアの差に決着がつかない。

試し、ためし、ためし。


事象を起こすのだ。
それらの事象は質感があり構成となる。


サクラトリミング


2012.04.06(Fri) - art+design+dance | Comment(0) TB(0)