Cュタツヤ

Cu Tatsuya Official weblog

  

BLOG

  
Recently
Archive
Category
アイデアと裏切り

着眼点はいいはず。
アイデアはそこから裏切ることだ。
そもそもを考えてみる。
意外とおかしい=裏切る
その裏切りとは、社会性問題意識を帯びてている。
http://d.hatena.ne.jp/kkbt2/touch/20120120/1327060202
を引用すると、納得から驚きを発掘することであろうか。

そういうことも。
メトロ築地駅終電で降りたら、精算しなくても出れた。
駅員さん「あ~。閉めちゃったから、通って。」次はいれるのか。

シディ・ラルビ・シェルカウイ振付、森山未來出演“TeZukA“見てきた。
映像とのパフォーマンスのアイデア沢山。
手法的な面白さはあった、大衆向け。

その前に大戸屋ランチ、隣の客食い逃げした。

レッスン後、5/26加藤紗希振付“待ちわびる、ターン“セッションハウスのプロモーション撮影をしてきた。


2012.02.26(Sun) - art+design+dance | Comment(0) TB(0)


アイデアと裏切り

着眼点はいいはず。
アイデアはそこから裏切ることだ。
そもそもを考えてみる。
意外とおかしい=裏切る
その裏切りとは、社会性問題意識を帯びてている。
http://d.hatena.ne.jp/kkbt2/touch/20120120/1327060202
を引用すると、納得から驚きを発掘することであろうか。

そういうことも。
メトロ築地駅終電で降りたら、精算しなくても出れた。
駅員さん「あ〜。閉めちゃったから、通って。」次はいれるのか。

シディ・ラルビ・シェルカウイ振付、森山未來出演“TeZukA“見てきた。
映像とのパフォーマンスのアイデア沢山。
手法的な面白さはあった、大衆向け。

その前に大戸屋ランチ、隣の客食い逃げした。

レッスン後、5/26加藤紗希振付“待ちわびる、ターン“セッションハウスのプロモーション撮影をしてきた。


2012.02.26(Sun) - art+design+dance | Comment(0) TB(0)


映像のフィジカル

久しぶりの1日休日。


ぼーっと過ごす。
外は変わらない、変わらずと人が生活する。
お話ししたり、なにかに向かっている。

人一人が影響を及ぼす範囲は直径何m?

僕の頭の中はグジュグジュになる。

色で何かを思い出す。


今日は東京写真美術館に。
恵比寿映像祭を見に来た。

ループ・シンプル・空間的

キレイなものもっとみたい。
Sutthirat SUPAPARINYAの作品好き

宮城大学で公募展があるみたい。
映像作品作りたい。


2012.02.24(Fri) - ライフ(〜2016.04) | Comment(0) TB(1)


映像のフィジカル

久しぶりの1日休日。


ぼーっと過ごす。
外は変わらない、変わらずと人が生活する。
お話ししたり、なにかに向かっている。

人一人が影響を及ぼす範囲は直径何m?

僕の頭の中はグジュグジュになる。

色で何かを思い出す。


今日は東京写真美術館に。
恵比寿映像祭を見に来た。

ループ・シンプル・空間的

キレイなものもっとみたい。
Sutthirat SUPAPARINYAの作品好き

宮城大学で公募展があるみたい。
映像作品作りたい。


2012.02.24(Fri) - ライフ(〜2016.04) | Comment(0) TB(0)


演劇的創作

最近暖かくなってきましたね。
春かなと嬉しくなります。
雨降りだけど、冬の雨降りとは違うのです。
比熱なのか、地球に空気を閉じ込めるのか、ぼんやりした空気が肌に触れる。


今日はどこか非日常的な日。

日常に非日常がやってくるとは突発的なもの。
突発的というのは、自分以外の人の意思による行為。

今日はバイト先のカフェにアポイントなしでお知り合いの方が別々で2名立て続けに来てくれた。
嬉しビックリである。
このうれしいというのは大切である。
突発的な行為が不快を思わせるというのは、
今後記述するであろう、流れの中での自我に触れてくる。

その後、品川プリンスシネマに”オペラ座の怪人”ミュージカルの映画を見に行った。

ここで思ったことは、人を感動させるには時間がかかるということ。
一口には言えないが、体験から言っている。
最初からかなり最後まで、僕には楽しめなかったのだが、
ラストシーン感動した。僕なりの解釈である。

怪人とヒロインのキスシーンである。
これまでの怪人の行為とその裏に隠された怪人の葛藤が垣間見れた。
怪人はヒロインを欲していたたまれない、そむくと殺害を起こす。
ヒロインには相手も出来るが、怪人の欲求はおさまらない。
怪人はヒロインらを捕らえる事に成功。キスか彼の殺害かの選択の中、
彼の目の前で、ヒロインからのキスを受ける。
その時の怪人の心には違和感という衝撃が奔ったように見えた。
人は過ちを犯すもの。それを受け取ったように感じた。
混乱とマインドコントロールされていたかのような怪人。
その時に鳴ったのが、冒頭のシーンで出てきたサルのシンバルおもちゃである。
このせつなさ、心の内に還る感覚。感動しました。
パフォーマーの演技の迫力も勢いがあった。

また、昔仙台で障害のある方のソロパフォーマンスを見て、
人生の中で3本指に入る感動を受けた。

何がいいたいかと言うと、時間である。
障害のあるパフォーマーは人生を掛けて物語を描いているのだ。
ものすごいパワーとエネルギーである。
それに比べたらオペラ座の怪人は2時間くらい、
僕のソロなんて6分とかだ。
もっとじっくり考えないと。


2012.02.24(Fri) - art+design+dance | Comment(0) TB(0)


演劇的創作

最近暖かくなってきましたね。
春かなと嬉しくなります。
雨降りだけど、冬の雨降りとは違うのです。
比熱なのか、地球に空気を閉じ込めるのか、ぼんやりした空気が肌に触れる。


今日はどこか非日常的な日。

日常に非日常がやってくるとは突発的なもの。
突発的というのは、自分以外の人の意思による行為。

今日はバイト先のカフェにアポイントなしでお知り合いの方が別々で2名立て続けに来てくれた。
嬉しビックリである。
このうれしいというのは大切である。
突発的な行為が不快を思わせるというのは、
今後記述するであろう、流れの中での自我に触れてくる。

その後、品川プリンスシネマに”オペラ座の怪人”ミュージカルの映画を見に行った。

ここで思ったことは、人を感動させるには時間がかかるということ。
一口には言えないが、体験から言っている。
最初からかなり最後まで、僕には楽しめなかったのだが、
ラストシーン感動した。僕なりの解釈である。

怪人とヒロインのキスシーンである。
これまでの怪人の行為とその裏に隠された怪人の葛藤が垣間見れた。
怪人はヒロインを欲していたたまれない、そむくと殺害を起こす。
ヒロインには相手も出来るが、怪人の欲求はおさまらない。
怪人はヒロインらを捕らえる事に成功。キスか彼の殺害かの選択の中、
彼の目の前で、ヒロインからのキスを受ける。
その時の怪人の心には違和感という衝撃が奔ったように見えた。
人は過ちを犯すもの。それを受け取ったように感じた。
混乱とマインドコントロールされていたかのような怪人。
その時に鳴ったのが、冒頭のシーンで出てきたサルのシンバルおもちゃである。
このせつなさ、心の内に還る感覚。感動しました。
パフォーマーの演技の迫力も勢いがあった。

また、昔仙台で障害のある方のソロパフォーマンスを見て、
人生の中で3本指に入る感動を受けた。

何がいいたいかと言うと、時間である。
障害のあるパフォーマーは人生を掛けて物語を描いているのだ。
ものすごいパワーとエネルギーである。
それに比べたらオペラ座の怪人は2時間くらい、
僕のソロなんて6分とかだ。
もっとじっくり考えないと。


2012.02.24(Fri) - art+design+dance | Comment(0) TB(0)


即興メソッド 『呼吸』

ここでの即興メソッドとは、
ソロ、もしくは複数人で即興パフォーマンスする際に
意識することや感じたことが、実際どのようにアラワレルかを考察したものである。


『呼吸』

日常的なことであるが、
ここでの呼吸とはお腹を意識した
腹式呼吸のことを言う。
丹田といわれている身体の中心の意識により、
「落ち着く。」
落ち着くことは、客観性につながる。
客観性とはパフォーマンスの時空間的流れの構築や身体のシルエット、
関節の部位、リズムの転換、 陰と陽、自分の状態把握など
リアルタイムでの判断や切替えのベースである。

また、呼吸による空気の流れは
身体の軸や身体全体にもイメージにより
影響を及ぼす。
空気により身体が風船のように膨らんだとイメージする。
身体が無意識のレベルで運動する。
空気が抜けたときの運動の変化も感じる。
展開としてはこの空気が水であったり、カラスなどであるとまた変化する。

内側の意識である。
ここには他の予期不能要素はないため、ハプニング性にかける。

2012/01/8,9 あぴラッキーvol.3 「ウェイター」 ソロ写真 撮影:青木信之
api3

api3


2012.02.15(Wed) - art+design+dance | Comment(0) TB(0)


即興メソッド 『呼吸』

ここでの即興メソッドとは、
ソロ、もしくは複数人で即興パフォーマンスする際に
意識することや感じたことが、実際どのようにアラワレルかを考察したものである。


『呼吸』

日常的なことであるが、
ここでの呼吸とはお腹を意識した
腹式呼吸のことを言う。
丹田といわれている身体の中心の意識により、
「落ち着く。」
落ち着くことは、客観性につながる。
客観性とはパフォーマンスの時空間的流れの構築や身体のシルエット、
関節の部位、リズムの転換、 陰と陽、自分の状態把握など
リアルタイムでの判断や切替えのベースである。

また、呼吸による空気の流れは
身体の軸や身体全体にもイメージにより
影響を及ぼす。
空気により身体が風船のように膨らんだとイメージする。
身体が無意識のレベルで運動する。
空気が抜けたときの運動の変化も感じる。
展開としてはこの空気が水であったり、カラスなどであるとまた変化する。

内側の意識である。
ここには他の予期不能要素はないため、ハプニング性にかける。

2012/01/8,9 あぴラッキーvol.3 「ウェイター」 ソロ写真 撮影:青木信之
api3

api3


2012.02.15(Wed) - art+design+dance | Comment(0) TB(0)


Mステ***YUKI / JOY

初めてのメディアで初の生放送。

2012年2月10日放送のミュージックステーションにYUKIのJOYという曲のバックダンサーとして踊らさせていただきました(*^^*)

香瑠鼓さんはじめ、関係者の多くの方々に感謝です。ありがとうございます。


なにもかも初めて過ぎて比較もできず、
何か独特の興奮状態から目が覚めたという感じです。
これも生放送からか、何もかもが一瞬も逃さないと食らいつく。


帰りには何か心のなかに葛藤がモヤモヤ。

月はきれいだな~

お電話ありがとう。
心忘るるべからず。どこに繋がるかわからない。損得だけではないと。
また、今のうちだから出きることを。今のうちに恥をかいとけ。


最後に快さんと放送後『七丁目ブラザーズ』



2012.02.11(Sat) - art+design+dance | Comment(0) TB(0)


Mステ***YUKI / JOY

初めてのメディアで初の生放送。

2012年2月10日放送のミュージックステーションにYUKIのJOYという曲のバックダンサーとして踊らさせていただきました(*^^*)

香瑠鼓さんはじめ、関係者の多くの方々に感謝です。ありがとうございます。


なにもかも初めて過ぎて比較もできず、
何か独特の興奮状態から目が覚めたという感じです。
これも生放送からか、何もかもが一瞬も逃さないと食らいつく。


帰りには何か心のなかに葛藤がモヤモヤ。

月はきれいだな〜

お電話ありがとう。
心忘るるべからず。どこに繋がるかわからない。損得だけではないと。
また、今のうちだから出きることを。今のうちに恥をかいとけ。


最後に快さんと放送後『七丁目ブラザーズ』



2012.02.11(Sat) - art+design+dance | Comment(0) TB(0)


produced by tatsuyea!

近日公開予定
『54』ポストカード/2012

今年度、初のプロダクト作品です。
完成しました。

ダンスではあぴラッキーvol.3でした。

facebook-kaorucoより
今年は素敵な年になりそう。

ワークショップも楽しみ! 


2012.02.10(Fri) - art+design+dance | Comment(2) TB(0)


produced by tatsuyea!

近日公開予定
『54』ポストカード/2012

今年度、初のプロダクト作品です。
完成しました。

ダンスではあぴラッキーvol.3でした。

facebook-kaorucoより
今年は素敵な年になりそう。

ワークショップも楽しみ! 


2012.02.10(Fri) - art+design+dance | Comment(2) TB(0)


OK GO

並べた楽器の間を車で走って音楽を奏でる「OK Go」の新作映像
http://youtu.be/MejbOFk7H6c
爽快な気分になれますね(σ・∀・)σ



2012.02.07(Tue) - ライフ(〜2016.04) | Comment(0) TB(0)


OK GO

並べた楽器の間を車で走って音楽を奏でる「OK Go」の新作映像
http://youtu.be/MejbOFk7H6c
爽快な気分になれますね(σ・∀・)σ



2012.02.07(Tue) - ライフ(〜2016.04) | Comment(0) TB(0)