Cュタツヤ

Cu Tatsuya Official weblog

  

BLOG

  
Recently
Archive
Category
シンプルな設定と自然のモティーフ

シンプルな設定。
SF小説「ハイウェイ惑星」などにみられる、
シンプルな設定、
そして、どう小説やアメリカドラマ「LOST」に
みられるような、自然をモティーフにしたものに興味が惹かれる。


2017.06.28(Wed) - 創作に関して | Comment(0) TB(0)



絵を描く手法で、
トレーシングシートを使って、
写って見えた”顔”を膨らます。


2017.06.17(Sat) - 創作に関して | Comment(0) TB(0)


主体とつながる

自分の感覚や感情と肉体の一致を求めて動くことは非常に美しい。
俳優養成学校である、アップスアカデミーの授業が今年も終わった。
たくさんある関節を動かして感じる、
感覚を求めて関節を動かす。
そして呼吸とともに生まれる質感。
自分とつながろう。


2017.06.15(Thu) - 創作に関して | Comment(0) TB(0)


井出音研究所

「イマジネーションは、免疫に効果が高い」
先日、井出音研究所にいってきたときに、ヒットした言葉だ!
芸術療法や音楽療法など、海外では、保険がないので代替医療が盛んだ。
また、薬の副作用のための薬のようなお話を聞くこともある。
人間の身体や感覚は、もっと魅力的である。
香瑠鼓さんのメソッドその効果として非常に高いと私は思う。
井出さんは、表参道ヒルズや著名なところで、音響そのものをデザインして空間を創り上げる方である。
その方が、おっしゃった言葉に、救われた思い。

もっと、救えるような人になろう!
今後の井出さん、香瑠鼓さんの活動は必見です!!!(*^o^*)

最近、竹炭を祀っています。


2016.09.03(Sat) - 創作に関して | Comment(0) TB(0)


公開パフォーマンス創作プロセス

ダンス作品を創作の過程において、自分の傾向を簡単に探る。
対象作品:
「生命研究所」(2013)
「家族会議」(2014)
「雷神」(2015)
「藝」(2015)
「東京古民家」(2015)
「おまえ、どら猫。そこ、どっち?」(2016)
「佐渡島の香り」(2016)
以下、略称する。
◯まず、音楽だ。
現在は【2000曲以上】を聴き、
【劇場空間の雰囲気】、
テーマやモチーフを重ね合わせながら、
プレイリストにふんわり絞り込む。
具体的なものがあるときは、探す。
そして、稽古のときは、この音楽を【ランダム】に流すことが多い。神の手だ。
◯次に、練習では、初期段階~中盤程は、【1時間の稽古時間】が多かった。(ソロ作品)
【歩き回ってしゃべり続ける】これは、繰り返し繰り返し行うことで、洗練されたり、特に表現したいと思っていることは何度も登場する。それを見つける。
【即興レッスンで今の自分の状態やモチーフに関して想う印象を】探る。
【コンセプト文】のような主軸を創っている感じである。
また、【音楽とシーンが合致しているものは、それを書き出す。】これが採用されている場合が非常に多い。そして、このとき、だいたい全体の構成の中のどの辺りかも決まっている。
また、終盤では、【曲中の構成】も決まってくる。【空間の使い方】【身体の使い方】などの演出
◯スケジューリングは、【本番1ヶ月前のカレンダー】を作り
【3週間前には、だいたい構成がある。】
【2週間前には、強引に通せる】
ことをタスクにした。
◯序盤では【付箋】を使って思いつくままにシーンを書き出す。キャラクターが活躍しているシーン。
中盤では、ストーリーや全体の流れを踏まえて、【再構成、時間軸】。
このとき、【ログライン】を書き出し、明確な主軸を探る。だいたいの流れは、(日常、悪いこと)から(願望、理想の姿、願い、良い方向)へ変化する。
◯【キャラクター】は、暗くて悲しくて、賑やかで明るくて、怒ってなど、いろいろな色を入れる。特に、対照的な二人を入れることが多い【明るいやつと暗いやつ】互いに影響し合う。
◯【タイトル】がキャッチーでポップ。要素が23つ上入っている。(家族+会議など)
◯表現手法を駆使して世界観を創り上げる。【音楽】【美術】【キャラクターデザイン】【色】【グラフィック】【衣装】【イメージ写真】
◯完成してきた台本には、空間イメージの共有のために各シーンの写真を添付
◯通せる、曲中のプロットができるくらいの中盤では、【カメラ】で撮影をして、自分の動きや質感、イメージを客観的に確認し、修正する。【自己ダメ出し】。
こうまとめると、
ストーリーや流れ構築の『付箋作戦』、
世界観を創り上げる『イラストグラフィック作戦』、
稽古を楽しむ『音楽作戦』
客観的美しさを求める「ビデオダメだし作戦」、




以上が、ストーリー構成プロットができるまでのプロセスである。
次は、実際の表現に関しての手法。
◯【パントマイム】相手に具体的な【モチーフ】や【動作】イメージが説明的に伝わる。また、【擬態する】何か別のものになること。
◯【感情】の表現。【身体の内側や角度】を感じる音楽に合わせたり、質感をコントロールする。
◯【空間を描く】【エネルギーを外に飛ばす。】【空間の位置配置のデザイン】グラフィック的な精神。【音楽と空間を見せる】こともできる。空間の質や自分がどこにいるかの世界観を広げる。また、相手にエネルギーを渡す。
◯全般を通して、【音楽の調子にのる】大切さ。
◯【身体性】身体のダイナミズム、また【シンプルな形】【キャッチーな形】
◯みんなが参加できる【体験・体感型】
以上のような結果、ダンストンしての形として現れる。


2016.07.26(Tue) - 創作に関して | Comment(0) TB(0)